悪戦苦闘 意味 例文

「PR」

悪戦苦闘 意味 例文

悪戦苦闘一心に努力する非常に困難な状況 悪戦苦闘とは、非常に困難な状況の中で一心に努力し苦しみながら取り組むことです。

この表現は、強敵に立ち向かいながら必死に戦い抜く様子を表現した言葉でもあります。

悪戦とは不利な状況での苦戦を指し、苦闘とは困難に立ち向かう努力を意味します。

例えば、英語が読めなくても欲しいものを海外輸入しようとして悪戦苦闘したが、最終的にはなんとか成功したとします。

初めての動画作成で苦戦しながらも、やっと仕上げることができたという場合も悪戦苦闘の状況です。

小さなネジを締めるのにも悪戦苦闘し、力を入れて頑張った経験を持つ人もいるでしょう。

また、仕事で困難に立ち向かうことが増える時期があるかもしれません。

新たな部署に配属されたり、不況に直面して売り上げが落ちたりする場合、悪戦苦闘の連続となるでしょう。

しかし最終的には、苦労が報われる瞬間が訪れるかもしれません。

「悪戦苦闘」は、励ましや褒める場面や、困難に直面する場面での使用が適している四字熟語です。

同じような意味の表現には、「千辛万苦」や「苦心惨憺」などがあります。

逆に、順調な状況を表す言葉としては「一帆風順」や「順風満帆」があります。

英語では、悪戦苦闘を表現するために「struggle hard」や「fight tooth and nail」などの表現が使われます。

これらの表現は、悪戦苦闘の雰囲気をうまく伝えるものとなっています。

 

悪戦苦闘 意味

執念の戦い、辛くても諦めない努力 悪戦苦闘とは、困難な状況においても、一心不乱に努力を続けることを指します。

この言葉は、強敵に打ち勝つために死に物狂いで戦う姿や、困難な課題に立ち向かう人の姿を表現するためによく用いられます。

人々が悪戦苦闘する状況は様々です。

例えば、試験勉強や仕事での苦悩、スポーツでの厳しいトレーニング、困難なプロジェクトへの取り組みなどが挙げられます。

悪戦苦闘する人々は、途中で諦めずに目標に向かって一歩一歩進み続けるため、周囲からは強い意志や執念深さが感じられます。

悪戦苦闘する過程は、時には苦しく辛いものです。

しかし、困難に立ち向かうことで成長し、克服する喜びも味わえるのです。

この言葉は、挫折や逆境に直面した時に、諦めずに前向きに取り組むことの大切さを教えてくれます。

悪戦苦闘は、長い時間や努力を要することも多く、一筋縄ではいかないものです。

しかし、その苦しみや努力こそが、結果の喜びや達成感をよりいっそう深く味わうことができるのです。

私たちにとって、悪戦苦闘は避けられない状況かもしれません。

しかし、それは成長と達成への道でもあります。

自分自身の限界に挑戦し、一生懸命努力することで、自身の可能性を広げることができるのです。

悪戦苦闘という言葉からは、苦難を乗り越える強い意志や執念、困難に立ち向かう勇気が感じられます。

私たちは、困難な状況においても、諦めずに努力を続けることで、目標に向かって進むことができます。

 

悪戦苦闘の例文

意外と苦労した場面を紹介します

英語が読めず、思った以上に悪戦苦闘したが、なんとか欲しいものを海外輸入することができた。

英語が苦手でネイティブの文章を読むのに苦労したことはありませんか?私もその一人でした。

海外から欲しい商品を輸入する際、英語でのコミュニケーションが必要になりました。

しかし、英語が得意ではなかったため、思った以上に悪戦苦闘することとなりました。

初めての動画作成で悪戦苦闘したがようやく仕上がった。

動画編集を初めて体験したことはありますか?私は最近初めて動画作成に挑戦しましたが、意外と難しかったのです。

使用するソフトウェアの使い方やカットのタイミング、BGMの選び方など、悪戦苦闘しながら試行錯誤しました。

しかし、時間をかけてようやく仕上げることができました。

小さなネジを締めるのに悪戦苦闘した。

細かい作業に苦労したことはありませんか?私はある日、家具の組み立てをする際に小さなネジを締める作業で悪戦苦闘しました。

手に持つネジが小さすぎてなかなかうまく締めることができず、イライラしました。

しかし、粘り強く取り組んでようやく完成させることができました。

入社してから一貫して品質管理だったが、なぜか昨年から営業に配属され悪戦苦闘の連続だったが、最近は遣り甲斐や面白さが分かってきた。

業務の変化に苦労したことはありませんか?私は入社してからずっと品質管理の仕事をしてきましたが、昨年からなぜか営業に配属されました。

最初は戸惑いと悪戦苦闘の連続でしたが、最近では新たな遣り甲斐や面白さを感じるようになりました。

世界中がコロナ対策で悪戦苦闘をしている。

最近の世界情勢に悩まされている方は少なくないでしょう。

特に、コロナウイルス対策に関しては世界中が悪戦苦闘しています。

感染拡大の予防や経済への影響、生活の変化など、様々な課題に直面しています。

しかし、その中で人々は団結し、頑張って乗り越えようとしています。

これらの例文は、悪戦苦闘という言葉の使い方やニュアンスを理解するのに役立つと思います。

我々は悪戦苦闘することで成長し、困難を乗り越えることができます。

頑張りましょう!

悪戦苦闘の意味と例文まとめ

悪戦苦闘とは、非常に困難な状況の中で苦しみながら一心に努力をすることを指す表現です。

強敵に立ち向かいながら死にものぐるいの戦いを繰り広げる様子を表現した言葉でもあります。

悪戦とは、不利な状況で強敵との苦戦を意味します。

この言葉は励ましや褒め言葉としても使われることがあり、特に困難や挑戦に直面する場面で用いられる四字熟語です。

類義語には千辛万苦や苦心惨憺などがあります。

対義語には一帆風順や順風満帆があります。

英語ではstruggle hardやfight tooth and nailなどの表現が該当します。

以下に悪戦苦闘の具体的な例文を示します。

– 英語が読めず、思った以上に悪戦苦闘したが、なんとか欲しいものを海外輸入することができた。

– 初めての動画作成で悪戦苦闘したが、ようやく仕上がった。

– 小さなネジを締めるのに悪戦苦闘した。

– 入社してから一貫して品質管理だったが、なぜか昨年から営業に配属され悪戦苦闘の連続だったが、最近は遣り甲斐や面白さが分かってきた。

– 世界中がコロナ対策で悪戦苦闘をしている。

このまとめは、検索を通じて得られた情報を基に作成しました。

悪戦苦闘は困難に立ち向かう姿勢を表現する言葉であり、それぞれの例文はその様々な場面での悪戦苦闘の様子を具体的に示しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました