悪戦苦闘の意味まとめ

「PR」

悪戦苦闘の意味

悪戦苦闘とは何を意味する言葉なのか、ご説明します。

「悪戦苦闘」とは、一つの目標や課題に対して困難な状況や障害が立ちはだかり、苦しい努力を続けながら戦い抜くことを意味します。

この表現は、元々は戦闘の場面で用いることが多かった言葉です。

敵が手強く、戦況が不利な中で戦い続ける様子を指して使用されていました。

しかし、現在では戦闘だけでなく、日常生活の様々な場面で使われます。

例えば、試験勉強やスポーツ競技、仕事のプロジェクトなど、目標に向かって奮闘する際にも「悪戦苦闘する」と形容されます。

悪戦苦闘の特徴的な点は、困難や苦難が伴いながらも、諦めずに一生懸命努力を続けることです。

途中で挫けたり、落胆したりしない強さや根性が求められます。

たとえ失敗や挫折があっても、それを乗り越えて目標を達成するまで諦めることなく努力し続ける姿勢が重要です。

悪戦苦闘は、人々が自分の夢や目標に向かって取り組む際に、励ましや勇気を与える言葉としても使われます。

苦しい時期や困難な状況に直面しても、粘り強く頑張り続けることが成功への道だというメッセージを含んでいます。

悪戦苦闘は、ただ単に苦しむだけではなく、最後には必ず成果を上げることを意味します。

この言葉は、挑戦者の強い意志と努力が実を結ぶ姿勢を象徴しており、誰もが困難に直面した時にはぜひ心に留めておきたい言葉です。

以上が「悪戦苦闘」の意味と使い方についての説明です。

 

悪戦苦闘 意味 例文

悪戦苦闘とは、非常に困難な状況に立ち向かいながら、苦しみながら一生懸命に頑張ることを指す言葉です。

この四字熟語は、努力や忍耐、根気を持って困難な課題に取り組む姿勢を表現しています。

例えば、育児に悪戦苦闘する場合、初めての経験であり、多くの困難が待ち受けています。

しかし、親としての責任を果たすために、一生懸命に赤ちゃんの世話をしようと奮闘する姿が描かれます。

家族のサポートがあれば助かることもありますが、それでも苦しい状況が続くこともあります。

また、交渉や取引に悪戦苦闘する場合もあります。

自分の意見を主張するだけでなく、相手の反対意見にも耳を傾けながら、根気よく話し合いを続けていく必要があります。

困難な状況ではあるものの、最終的には双方が納得できる契約を結ぶことができるでしょう。

さらに、職場での人間関係でも悪戦苦闘の状況になることがあります。

上司や同僚とのコミュニケーションがうまくいかず、ストレスを感じながら仕事を進めることもあるでしょう。

しかし、仕事に対する情熱や責任感を持ち続けながら、困難に立ち向かう姿勢が求められます。

最後に、何か大切な目標を達成するために悪戦苦闘することもあるでしょう。

例えば、絵を描き上げることや音楽の演奏を完成させることなど、時間と努力が必要な場合、途中で挫折せずに最後まで頑張り抜くことが求められます。

困難な過程を乗り越えることで、より大きな達成感や成果を得ることができるでしょう。

以上が、悪戦苦闘の意味と例文についての説明です。

 

悪戦苦闘とはどういう意味か?

「悪戦苦闘」という言葉は、非常に大変な状況や困難に立ち向かい、一生懸命に努力することを表現します。

この言葉は、困難な課題や厳しい状況に対して力を尽くすさまを指して使われます。

この言葉は、試験勉強やスポーツの試合など、目標を達成するために頑張って努力する場面に頻繁に使用されます。

例えば、大学受験の時には、夜遅くまで勉強して膨大な知識を学び、試験で良い結果を出すために陰ながら悪戦苦闘していると言えます。

また、仕事で困難なプロジェクトや難題に直面した際にも「悪戦苦闘」と表現することがあります。

その場合は、限られた時間内で多くの問題を解決するために奮闘し、困難を乗り越えようとする姿勢を示しています。

「悪戦苦闘」の背景には、苦しい状況であってもむなしさや挫けそうな心を持たずに、前向きな気持ちと努力を持ち続けることが求められます。

この表現は、困難に立ち向かう過程での努力や忍耐の姿勢を賞賛するために使われることもあります。

総じて、「悪戦苦闘」という言葉は、困難な状況に立ち向かう様子や、努力を惜しまずに困難を乗り越えようとする意志を表現する言葉として用いられることが多いです。

頑張って努力する姿勢を讃える言葉として、日常でもよく使用されます。

 

悪戦苦闘 意味 類語

「悪戦苦闘」とは、困難な状況に直面しながらも、苦しみながら一生懸命努力し続けることを指します。

この言葉の類語には、「苦心惨憺」「四苦八苦」「千辛万苦」「骨折り」「苦戦を強いられる」「苦慮」といった表現があります。

「苦心惨憺」は、困難な状況で心を砕いて苦しんだり、最善策を模索することを意味します。

「四苦八苦」は、あらゆる苦しみや困難に直面し、辛い状況に苦しんでいる様子を描写します。

「千辛万苦」も、さまざまな苦労や困難に立ち向かうさまを表現した言葉です。

「骨折り」は、一生懸命働いたり努力したりすることを指し、それによって困難な状況を乗り越えようとする意思を示します。

「苦戦を強いられる」は、相手に対して不利な状況で戦い、苦しい戦いを強いられることを意味します。

「苦慮」は、困難な問題や状況に対して悩みながらも、最善策を考え続けることです。

これらの表現は、それぞれに微妙なニュアンスの違いがありますが、共通しているのは、困難な状況に対して努力し苦しむ姿勢を指しているということです。

このような言葉を使うことで、人々に自分自身や他人の努力や困難を表現することができます。

 

悪戦苦闘意味と由来について

「悪戦苦闘」とは、非常に困難な状況の中で、苦しみながら一心に努力することを指します。

この表現は、元々は強敵に対する必死の戦いを意味する言葉として使われるようになりました。

「悪戦」とは、不利な状況の中で強敵に苦戦することを指し、「苦闘」は、強敵などに対して苦しい戦いをすることを意味します。

この言葉は、芥川龍之介や太宰治といった文豪たちも使っており、その使用例として、芥川龍之介の「蜜柑」に以下のような文が見られます。

「あの霜焼けの手が硝子戸を擡げようとして悪戦苦闘する容子を、まるでそれが永久に成功しない事でも祈るやうな冷酷な眼で眺めてゐた。」

このように、「悪戦苦闘」は、困難な状況を乗り越えるために奮闘する様子を描写する際に用いられます。

しかし、具体的な由来については明確に判明していません。

ただし、「悪戦苦闘」という表現が使われるようになった背景は、強敵との激しい戦いを想起させる言葉として広まったと考えられます。

以上が、「悪戦苦闘」の意味と由来についての説明です。

 

悪戦苦闘(あくせんくとう)の意味とは?

「悪戦苦闘」は、非常に困難な状況や強敵との戦いにおいて、苦しみながら一心に努力をすることを指します。

この表現は、強敵に対して必死に戦いを挑み、死にもの狂いで苦しい戦いを繰り広げることに由来しています。

三省堂 新明解四字熟語辞典
では、「非常な困難の中で、苦しみながら一心に努力をすること」と解説されています。

悪戦苦闘は、強敵に立ち向かう際に絶えず困難に直面し苦しみながらも、一生懸命に努力を続ける姿勢を表現しています。

学研 四字熟語辞典
では、「強敵相手に死にものぐるいの非常に苦しい戦いをする意」と説明されており、困難な状況にあっても、不断の努力を惜しまずに頑張る姿勢を示しています。

悪戦苦闘は、苦しい戦いの中で諦めずに努力し続ける姿を表現した言葉です。

小学館 デジタル大辞泉
では、「強敵に対して非常に苦しい戦いをすること。

困難な状況の中で、苦しみながら努力すること」と解説されています。

悪戦苦闘は、厳しい状況下での努力や苦しみを意味し、その中で執念や根気強く取り組む様子を表現しています。

以上が、「悪戦苦闘」の意味となります。

困難な状況や強敵に直面しても、ひるむことなく一心に戦い続ける勇気や努力、根気のある姿勢を示した言葉です。

悪戦苦闘の意味まとめ

「悪戦苦闘」は、非常に困難な状況の中で、一生懸命努力している様子を表現する言葉です。

この言葉は、日本語の四字熟語であり、四字熟語は4つの漢字を組み合わせた言葉で、簡潔かつ深い意味を持っています。

この言葉は、困難な状況に直面し、苦しみながらも懸命に努力する様子を表現しています。

例えば、試験勉強や仕事でのプロジェクトなど、成功が難しいとされる状況や目標に取り組んでいる時に使われます。

また、「悪戦苦闘」は、不利な状況の中で強敵に苦戦することも指します。

これは、競技や戦争などの場面で使われることがあります。

参加者や兵士たちが、劣勢や困難な状況でも諦めずに戦い続ける姿勢を表現する言葉です。

さらに、「悪戦苦闘」は、強敵との苦しい戦いをしている様子を表すこともあります。

この言葉は、相手が非常に強力で、勝利が容易でない状況での苦しい戦いを表現します。

例えば、スポーツやビジネスなどの競争の場面で使われることがあります。

「悪戦苦闘」は、困難な状況に直面しても諦めず、一心に努力し続ける様子や、不利な状況で苦戦しながらも粘り強く戦い続ける姿勢を表現する言葉です。

この言葉は、困難な状況に立ち向かう人々の頑張りや努力を称えるときに使われ、その意味を持っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました